オンラインカジノ基本情報

オンラインカジノって何?

オンラインカジノの誕生は1995年程度だと言われています。

オンラインカジノはネット環境があれば簡単に参加できるカジノゲームのことで、海外へ行かなくても家にいながら実際にお金を賭けてプレイすることができます。

ゲームの種類もランドカジノと同じく、スロット、ルーレット、ブラックジャックなど様々な種類があります。

オンラインカジノの誕生は1995年程度だと言われています。

オンラインカジノはネット環境があれば簡単に参加できるカジノゲームのことで、海外へ行かなくても家にいながら実際にお金を賭けてプレイすることができます。

ゲームの種類もランドカジノと同じく、スロット、ルーレット、ブラックジャックなど様々な種類があります。

●●●

家にいながらお金を増やせるかもしれないなんて夢みたい

●●●

そうだけど、本当のお金を賭けてやるんだから本当に大丈夫なのか怪しくない・・?

オンラインカジノの仕組み

ネット環境があれば簡単に遊べるオンラインカジノですが、「実際安全なの?どのように運営されているの?」という疑問をここで簡単に説明します。

オンラインカジはオンラインカジノ運営会社だけでは公平性が保てなくなってしまうので、オンラインカジノを運営している会社がすべてを管理しているわけではなく、様々な機関によって運営されています。

1オンラインカジノ運営会社
2ソフトウェア会社・・・ゲームの提供
3第三者審査機関・・・1の公平性や2のプログラムの検査
4各国政府・・・ライセンスの発行
5決済会社・・・1チップの購入、払い戻し 6入金、出金
6プレーヤー
 
どれか一つでも欠けると運営は成り立ちません。

1オンラインカジノ運営会社はその名の通りカジノを運営している会社でいろいろな機関とつながっています。

2中には信頼性や公正さが疑われているソフトウェア会社もあるようですが、不正な操作ができないようにRandam Number Generator(乱数発生プログラム)を使い公正が保たれているソフトウェア社もあるので見極めることも大事です。

評判がいいソフトウェア社

・Microgaming(マイクロゲーミング)

・Playtech(プレイテック)

・NETENT(ネットエント) 

・Crypyologic(クリプトロジック) 

などです。

ソフトウェア会社によってできるゲームも様々なので、オンラインカジノ選びの際にもどこのソフトウェア会社と提携しているのかを見つけ、お気に入りのソフトウェア社が導入されているオンラインカジノを見つけるのもいいかもしれません。

3 1と2の不正がないかどうかを監視しているのが第三者機関です。

第三者機関があることによって、ゲームの公平性が保たれているので、安心してプレーすることができます。

4もっとも大切なのがライセンス発行国です。

きちんとしたオンラインカジノは必ずライセンスを持っています。

なので、始める前には必ずライセンスの表記があるかどうか確認するようにしてください。

ライセンスがないカジノで遊んでしまった場合、賞金の不払いや個人情報の漏洩などの被害をうけることになります。

ライセンスを発行している国は世界に20か所以上あり,それぞれの基準に従った様々な審査が行われています。

発行している国は
イギリス、マルタ共和国、キュラソー島、オーストリア、カナワケ(カナダ)などです。

発行国によって審査基準が違うのですべて信用できるというわけではありませんが、イギリスなどヨーロッパでのライセンスの審査は厳しいと言われています。

ライセンスの有無だけではなく、評判の高いライセンスを持っているかどうかも確認しておけば安心してプレイすることが出来ます。

●●●

いろんな機関が関わることで公平性が保たれてるんだね

●●●

ちゃんとしたライセンスをもってない所で遊んで不払いとか個人情報の漏洩なんてことになったら嫌だし、始める前にはちゃんと自分で確認しなきゃね

👑1位👑
LIVE CASINO HOUSE

ゲーム数数千種類!!!!

なんとゲームの種類は数千種類! 2018年にできたばかりですが、アジアNO1のライブカジノです。

👑2位👑
PAIZA CASINO

ゲーム数1000以上

こちらも1000以上とはすごい数! 複数のゲーミング会社と提携しているので色々なゲームで遊べます。

👑3位👑
ラッキーニッキー

ゲーム数1000以上

日本人にはどこか馴染みのあるキャラクターのNikiがメインキャラクターのオンラインカジノです。