【2019年度版】カジノ法案

カジノ法案って何なの?

2016年にできた法案らしいけど一体何?

1.

カジノ法案って?

カジノ法案は2016年12月に成立しました。

カジノ法案は「統合型リゾート整備推進法案」とも言います。正式には「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」という名称です。

名前からもわかるように、カジノ法案はただ日本にカジノを作ってカジノをしよう!というだけの法案ではありません。

名称にもあるように統合型リゾート(IR)を作り観光などを促進させるという意図があります。

統合型リゾート(IR)はホテル、ショッピングモール、アミューズメントパーク、映画館、劇場、スパ、レストラン、MICE施設などを含む巨大施設のことです。

ただ単にカジノだけを作ろうとしているわけではありません。

*MICE施設:Meeting(会議)、 IncentiveTravel(研修旅行)、 Convention(国際会議)、 Event/Exhibition(イベント/展示会)頭文字です。これらを行う施設の名称です。

2.

なんのためにカジノ法案を作ったの?

先程も少しふれたように、カジノ法案はカジノを作ってカジノをしよう!というだけの法案ではありません。

カジノが入っている複合型リゾート(IR)を作り、外国人観光客を集め日本の経済を活性化させようという目的があります。

これからの日本の経済の為にも、海外からの観光客を集めようという考えです。

現在でも海外からの観光客は沢山いますが、より多くの外国人観光客にきてもらうための策略でもあります。

3.

カジノ法案に賛成?反対?

今でも競馬やパチンコでギャンブル依存症の人たちが増加している中、日本にカジノを作ってしまうと、ギャンブル依存症の人が増加してしまうのではないかという懸念もあり、カジノ法案が成立した今でも反対の声を沢山聴きます。

意見をもとに政府は、ギャンブル依存症の人が増えないように、入場制限をかけるなどの対策を考えています。

また、マネーロンダリング(資金洗浄)の問題や治安の悪化なども考えているとのことでこれからの動きが気になります。

*マネーロンダリング(資金洗浄):犯罪になどによって得られた資金を、いろいろなところへと送金をくりかえし、元々の資金の出所をわからなくする行為

4.

日本で本当にカジノが出来るようになるの?

現在IR実施法案成立までのところまでしかできていません。当初は2020年東京オリンピックまでにできるという噂でしたが、このままでは完全に不可能なことがわかります。2019年夏ごろから設置場所を選ぶ際の基準も策定する予定になっています。

現時点ではオープンは当初より5年程伸び2025年頃となっています。

候補地としては次の場所が上がっています。

神奈川、大阪、長崎が特に有力候補となっているそうです。

カジノ法案って名前だからてっきり、カジノだけを作る法案だと思ってたけど、違ったんだね!!
複合施設ができてくれれば、カジノをやらない人でも賑わいそうだね♡

本物志向ならパイザ!

5/5

入出金即時対応・引き出し上限無しの圧倒的ハイクラスサービス! 初心者から上級者まで、カジノ好きにピッタリなカジノです。

遊びやすさNO.1!

5/5

入出金方法の豊富さ・スマホでもプレイ可能など、初心者に優しい入門編オンラインカジノ。日本市場では現在No.1シェア!!

ゲーム以外も楽しさ満点!

4/5

新感覚のRPG型オンラインカジノ。ゲームを遊びながら、次々に出てくるボスを倒すことでフリースピンなどの特典あり!

/*左箭頭對話框CSS*/ /*右箭頭對話框CSS*/