【2019年度版】カジノ法案がもたらす落とし穴は?

カジノ法案によるいい効果は分かったけど、悪い事だってないわけじゃないよね?

ギャンブルだし・・・そりゃあなんかある・・・よね?

1.

4つの落とし穴

2016年12月にカジノ法案が成立しましたが、それまでに何度も廃案になったのにはいくつかの理由があります。

良い点だけではなく、悪い点も理解しておく必要があります。

1. 治安の悪化

IR施設により、いろいろな国からの外国人観光客が増える為、犯罪が増えると問題視されています。

日々大金が動くカジノなので、余計に心配に思う方も多くいます。

2. ギャンブル依存症の増加

1番の問題として心配されているのは、ギャンブル依存症の増加です。

既にパチンコや競馬でのギャンブル依存症の問題があるのにも関わらず、カジノに気軽にいくことできてしまうと、それ以上に大金を使ってしまい依存症に陥る人が急激に増えてしまうのではないかと心配する意見もあります。

現に厚生労働省の調査によると、ギャンブル依存症の疑いの人が3.6%いるという結果で出てきます。

これを国勢調査のデータに当てはめると、日本にいるギャンブル依存症の疑いのある人はおおよそ320万人いることになります。この原因は気軽に楽しめてしまうパチンコが原因だと考えられています。

ギャンブル依存の問題を受け、政府はカジノオープンに向けギャンブル依存症への対策案も考えており、パチンコ店のように各地にたくさんできるものでもなく、ターゲットは富裕層のためそれほど影響はないという意見もあります。

3. マネーロータリングの問題

マネーロータリングとは、犯罪になどによって得られた資金を、いろいろなところへと送金をくりかえし、元々の資金の出所をわからなくする行為のことをさします。

昔からカジノでは マネーロータリングが行われてきているので、日本でも同じことが起こってしまうかと危惧されています。

日本でのマネーロータリングにたいする対策も遅れているので、マネーロータリングに対する政策も今一度考える必要があります。

4. インフラ整備

外国人観光客の増加に伴いその地域のインフラ整備が進みます。そのこうかにより地域の活性化が起こります。

例えば、観光客がより簡単に快適に移動できるようにするインフラ整備など様々な地域の活性化や経済効果が期待できます。

確かに楽しいだけじゃなくいろいろ気をつけないといけないこともあるよね!
カジノがオープンする前に、安全に遊ぶためにもいろいろな法案をきちんと決めて、問題が起こらないように事前にきちんと手を打っておいて欲しいね!

遊びやすさNO.1!

5/5

入出金方法の豊富さ・スマホでもプレイ可能など、初心者に優しい入門編オンラインカジノ。日本市場では現在No.1シェア!!

本物志向ならパイザ!

5/5

入出金即時対応・引き出し上限無しの圧倒的ハイクラスサービス! 初心者から上級者まで、カジノ好きにピッタリなカジノです。

ゲーム以外も楽しさ満点!

4/5

新感覚のRPG型オンラインカジノ。ゲームを遊びながら、次々に出てくるボスを倒すことでフリースピンなどの特典あり!

/*左箭頭對話框CSS*/ /*右箭頭對話框CSS*/