初めてでも分かる♡グランパーレー法の詳しい手順​

ギャンブルってわかってるけど大損するのはいやだよね

リスクが減らせるならなんでもやってやる・・!!

1.

グランパーレー法を生かせるゲームはどれ?​

ポイントは2つ

・勝率約50%のゲーム、配当が2倍のものを選ぶ

バカラやルーレットの「奇数が偶数」「赤か黒」にベットする。

 

・独立事象のゲームを選ぶ

独立事象とは前回の結果が次に影響しないゲームのことです。

例えばルーレットで赤がでたとしても、次に赤がでる確率は2/1で変わりません。

2.

グランパーレー法のやり方​

簡単に説明すると、勝ったら「倍ベット+初回ベット額(1ユニット)」を賭けていくだけなので比較的簡単に行うことができます。

例えば最初に$10ベットし勝った場合、$20+$10かけ、さらに負けたら倍の$60+$10・・・とどんどん倍にすればいいのです。

ここからはルーレットで試した場合の例を説明していきます。

1. ユニットの金額を決めます

ベットする前に基準となる「ユニット」の金額を決めていきます。

ユニットとはベットをするときに基準となる額です。

例・初めにベットする金額が$1の場合、この$1が基準となり、1ユニット$1となります。

・初めにベットする金額が$10の場合、この$10が基準となり1ユニット$10となります。

「ユニット」という言葉はよく出てくるので覚えておいてください。


2. 何回勝利したらリセットするかを決めます

 グランパーレー法は連勝しなければいけないので、連勝できる確率を常に考え、何回かったらリセットするかを考える必要があります。連勝すればするほど次に勝つ確率は減っていくのを忘れないでください。

3. 実際にベットします

基準となるユニットを決め、何回連勝したらリセットするかを決めた手から実際にベットしていきます。

分かりやすく、1ユニット=$1として説明していきます。

1番始めの勝負は1ユニットベットするので、ルーレットの「黒」に1ユニット($1)賭けます

4. 勝った場合次に賭けるベット額を2倍+1ユニット(初回ベット額)にします

1回目の賭けに勝った場合、次の勝負ではベット額を2倍+1ユニット(初回ベット額)にするので「3ユニット($3)」ベットします。

この勝負でも勝った場合は3ユニットの倍+1ユニットの「7ユニット」→更に勝った場合「15ユニット」→「31ユニット」・・・・と進めていきます。

5. 負けた場合はベット額を最初の金額(1ユニット)に戻します

勝負に負けた場合には、ベット額は「1ユニット($1)」にリセットします。連敗し続ける限りはずっと1ユニットかけ続けることになります。

3.

グランパーレー法の切り上げ時はココ!​

・1回でも負けた場合にはマイナスになります

勝ったときの利益は大きいですが、1回でも負けてしまうとマイナスになってしまうので、欲は出さずに最初に決めた何連勝したらリセットする。というのは実行したほうが結果後悔しなくて済むことが多いかもしれません。

パーレー法と同じ、何回勝ったらリセットするかをちゃんと決めておくことが大事なんだね!
連勝回数を欲張りすぎると結局リセット続きになって結果負けてしまうってことにもなっちゃいそうだし、最初は無料で試してみたりシュミレーションしておくことも大事だね♡

遊びやすさNO.1!

5/5

入出金方法の豊富さ・スマホでもプレイ可能など、初心者に優しい入門編オンラインカジノ。日本市場では現在No.1シェア!!

本物志向ならパイザ!

5/5

入出金即時対応・引き出し上限無しの圧倒的ハイクラスサービス! 初心者から上級者まで、カジノ好きにピッタリなカジノです。

ゲーム以外も楽しさ満点!

4/5

新感覚のRPG型オンラインカジノ。ゲームを遊びながら、次々に出てくるボスを倒すことでフリースピンなどの特典あり!

/*左箭頭對話框CSS*/ /*右箭頭對話框CSS*/