スロット - オンラインカジノ

MENU
SLOT GAMEスロットゲーム
スロットスロット

スロットゲームは基本的には、3つの絵柄や数字を揃えていくゲームです。
ルールはどのゲームでもほぼ一緒ですが、さまざまな機種があり、その数は数千種類とも言われます。基本的にボタンを押すだけなので簡単ですし、次々と絵柄が連鎖していく様子は爽快感があって楽しめます。

オンラインカジノと言えばスロット!

オンラインカジノではスロットゲームが非常に人気で、各オンラインカジノが新しいスロットゲームを続々と導入しています。
勝ちやすい機能も追加されているので、スロットの新機種は必ずチェックしましょう。

スロットは非常に種類が多いのですが、おすすめのスロットの一部を紹介します。
これらの機種は多くのオンラインカジノに導入されていて、「勝ちやすい機種」とも言われています。
初心者の方は、まず上記のスロットをプレイしてみることをおすすめします。

  • Moon Princess
  • Hawaiian Dream
  • Battle Dwarf
  • White Rabbit

スロットの3つのおすすめポイント

シンプルなゲーム性

スロットゲームはとてもシンプルなゲームのため、ルールがわからくても楽しむことができます。
簡単に言ってしまえば、お金をベットしてスロットを回すだけ。難しい操作も必要ありません。
また、ブラックジャックやポーカーは基本的な戦略を知らずに勝つのは難しいものです。でも、スロットには戦略は必要なし!それが初心者でも楽しめる部分です。
最近のスロットゲームの中には、ボタンを押さずにプレイできるオートプレイも用意されています。これであれば、ストレスなく遊ぶことができますよ。

数千種類もの機種で遊べる

スロットは今でも種類が増え続けていて、その数は数千種類におよびます。
基本的なルールは全て同じですが、ペイアウト率やフリープレイ回数、ジャックポット金額など細かな違いがあり、勝ちやすいゲームを選択することができます。
特にペイアウト率は勝ちやすさに直結するので、プレイする前に必ずチェックしてくださいね。

億越えのジャックポットを狙おう!

スロットは少しずつ絵柄を揃えてボーナスを獲得していくゲームですが、スロットの種類によってはジャックポットも用意されています。
最高金額は1億円以上!
もちろん獲得できる確率は低いですが、日本でも数人が億超えのジャックポットを獲得しています。
スロットの画面からジャックポットの額を確認できるので、高額のジャックポットを狙ってスロットをプレイするのも夢があります。

スロットの遊び方

スロットは以下の手順で操作してプレイします。
それぞれの手順を解説していきます。

  • 1.ペイラインを決める
  • 2.ベット額を決定する
  • 3.リールを回す

ペイラインを決める

まずはペイラインを決定しましょう。ペイラインとは、図柄を揃えてボーナスを得られるラインのことです。
勝率を上げ、ジャックポットを獲得するためには、選択できる全てのラインを選択するのがコツです。

ベット額を決定する

ベット額は1ライン毎のベット額となります。つまり、ペイラインを複数選択している場合は、それだけ総ベット額が大きくなります。
総ベット額に注意しながらベット額を決定してくださいね。
ライブゲームでは本場さながらの臨場感でバカラがプレイでき、バカラの奥深さを知ることができます。初心者はまずバカラからプレイすることをおすすめします。

リールを回す

ベットが終わったらリールを回します。絵柄が揃えば、払い出しやフリープレイ、運が良ければジャックポットを獲得できます。
機種によっては自動でリールを回してくれるオートプレイ機能を搭載しているものもあるので、面倒な方は活用すると楽ちんです。

オンラインカジノのスロットで勝つコツ

ペイアウト率の高い機種を選択する

スロットには戦略がありませんが、その代わりに台選びが勝敗を大きく分けます。
最も注目すべきはペイアウト率です。ペイアウト率とはベットした金額が平均何%返ってくるかの割合を示したもの。
この割合が高ければ高いほど、勝ちやすい機種ということになります。
オンラインカジノによっては、全てのスロット台のペイアウト率を表示しています。初心者の方は、まずペイアウト率を確認して機種を選んでみるとよいですね。

ペイラインは全ラインを選択する

ペイラインは任意のライン数設定することができますが、少ないライン数でプレイするメリットはないため、必ず全ラインを設定するようにしましょう。
ジャックポットも全ライン選択していないと受け取れない場合があります。
総ベット額が大きくなることが気になる人は、ライン数を少なくするのではなく、ライン毎のベット額を少なくする方が賢いです。