勝利金の税金 - オンラインカジノ

MENU
TAXオンラインカジノの勝利金の税金は?

オンラインカジノで儲けた場合、税金を払う必要はあるのでしょうか?
オンライン上だから税金は関係ないと思っていたり、負けている分もあるから大丈夫と思ったりするのは少し違うかもしれません。

結論から言えば、原則的にオンラインカジノで儲けた金額が年間で50万円未満であれば、申告義務はありません。
したがって、税金も発生しません。しかし、少しややこしい部分もあるので注意が必要です。

オンラインカジノの勝ち金は「一時所得」になる

イメージ
オンラインカジノの利益は、日本の法律上、一時所得とみなされます。

一時所得とは、会社からの給与などといった継続的収益ではなく、一時的に手に入れたお金のこと。福引きの商品や、競輪や競馬といったギャンブルでの利益もこれに該当します。

ただし、宝くじには「当せん金府証票法」があるので税金を払う必要がありません。何だかずるい気もしますよね。

また、パチンコや競馬で当たった勝ち金も、本当は税金を払わなければなりません。パチンコも同じです。ただし、競馬やパチンコは銀行や電子決済などを通さずに支払われるので、どこにも記録が残りません。このため、税務署はすべてを把握することができないため、大目に見ています。

しかし、オンラインカジノはクレジットカードを使って支払いをしたり、仮想通貨や電子決済で勝ち金を受け取ったりするので記録が残ります。そのため、隠すことはできないのでご注意ください。

負けた分は経費になるか?

イメージ
残念ながら、経費として計上できません。

ここで疑問に上がるのは、負けた分の賭け金を経費として計上できるか?という問題です。
ギャンブルは、勝つこともあれば負けることもあるので、負けた分を計上できて当然だと考えたいところですが、残念ながら、経費として計上できません。

例えば、100万円の収益が出た一方で、30万円の損失が出たとします。この場合、課税対象になるのは収益から損失を引いた70万円ではなく、100万円すべてに課税されます。
納得できない!と感じる方もいるかと思いますが、現在の法律上、こうなっているのであきらめるしかありません。

50万円以内の利益であれば税申告の必要なし

イメージ
70万円以上儲けていない場合は、申告の必要はなし。

冒頭でも書きましたが、1年の利益が50万円を越えない場合は申告する義務はありません。
なぜなら、50万円未満の場合は特別控除額とみなされるからです。

また、サラリーマンの方は、給与の他に20万円以内の収入があっても申告する必要はないので、あわせて70万円以上儲けていない場合は、申告の必要はありません。

税申告は確定申告で

イメージ
税申告は、サラリーマンの方も含め、個人で確定申告をします。

確定申告については、1月1日から12月31日までの1年間に発生した収益を、翌年の2月16日から3月15日までの期間に行なう必要があります。
2020年、2021年は新型コロナウイルスの影響で申告期間が延長されましたが、こういった措置は例外中の例外。必ず3月15日までに手続きが完了するようにしてください。

税金の申告をしないとどうなるか?

イメージ
確定申告期間内に申告をせず、税金を不払いとした場合には、日本の法律により罰せられます。

この場合、本来支払うべき税金に加え、追徴課税として多くの罰金を支払う義務が発生します。

この追徴課税には、申告をしない場合にかかる「無申告加算税」や、実際より少ない金額で申告をした場合にかかる「過少申告加算税」などがあります。

会社で働いている場合、こうした税務処理をする機会はないことが多いですが、オンラインカジノなど、会社外で収益が発生している場合は、確定申告の手順を把握しておきましょう。

また、税申告をしない場合、追加の税金だけでなく、行政処分を受ける可能性もあります。オンラインカジノを利用するときは、確定申告期間内の適切な申告を心がけてください。

Online casino Walkerがおすすめするカジノ3選!

遊雅堂

4.9

ウェルカムボーナスは最大総額10万円!

徹底解説
ユースカジノ

4.9

初回入金額最大200%のスロットボーナス

徹底解説
エルドアカジノ

4.8

条件1倍2000円無料チッププレゼント!

徹底解説