初めてでも分かる♡モンテカルロ法の詳しい手順​

ギャンブルってわかってるけど大損するのはいやだよね

リスクが減らせるならなんでもやってやる・・!!

1.

モンテカルロ法を生かせるゲームはどれ?​

・配当が3倍のものを選ぶ

モンテカルロ法はほとんどのカジノゲームに使えますが、お薦めは配当が3倍のゲームです。配当が2倍のゲームにも有効ですが、条件によっては利益が出ない場合もあります。

配当が3倍のものであれば、モンテカルロ法が1セット終わったときに利益がでます。

配当が3倍のゲームはルーレットのダズンベット。コラムベットなどです。

2.

モンテカルロ法のやり方​

配当が3倍のゲームはルーレットの「コラムベット(1列12点賭け)」「ダズンベット(1ダース12点賭け)」です。

ここではルーレットの「ダズンベット」を用いてやり方を説明していきます。

 

1. ユニットの金額を決めます

ベットする前に基準となる「ユニット」の金額を決めていきます。

ユニットとはベットをするときに基準となる額です。

例・初めにベットする金額が$1の場合、この$1が基準となり、1ユニット$1となります。

 ・初めにベットする金額が$10の場合、この$10が基準となり1ユニット$10となります。

「ユニット」という言葉はよく出てくるので覚えておいてください。

 

2. メモを用意して、始めの数列「1 2 3」と書く

 

3. 数列の両端にある数字「1 3」を足した4ユニットでスタート!

さっきメモした「1 2 3」の両端の数字である、「1 3」の数字を足します(1+3)。この合計の4ユニットからベットを開始します。

1ユニット $1の場合は$4

1ユニット $10の場合は$40

4-1. 負けた場合

ベットをし負けた場合には、ベットしたユニット数を数列の右端に追加します。最初「1 2 3」で4ユニットベットし負けたので、「1 2 3 4」となり。両端の数字を足します(1+4)。次のベットは5ユニットとなります。

4-2. 勝った場合

ベットをし勝った場合には、数列の両端の数字を2つずつ消します。

(配当が2倍のゲームの場合は両端の数字を1つずつ消します。)

最初の数列は「1 2 3」なので両端の数字が2つないので消すことが出来ません。

数字が消せなくなった場合リセットとなり、また「1 2 3」から始まり、次のベット額は「4ユニット」になります。

もし、連敗続きで数列が「1 2 3 4 5 6 7 」となって8ユニットで勝負した時に勝った場合には両端2つずつ消すと「3 4 5」が残ります。次のベット額は両端にある3と5を足すので8ユニットとなります。

5. 消す数字がなくなったら1セット終了

このルールに沿って進めていき、数列がなくなる、あるいは数字が1つだけになった場合に1セット終了となり、利益が出ることになります。 

3.

モンテカルロ法の切り上げ時はココ!​

・2回連続勝っても1セットが終了できないと判断したとき

コツコツと積み重ねていき、メモを取ったりと少し手間はかかってしまいますが、ローリスクで進めていけるモンテカルロ法。

いくら1セットが終了すれば利益が出ると言っても長々とやっていてはいつか軍資金が底をついてしまいます。

そうならない為にも先にどのくらい負けてしまったら諦めるということも決めておいたほうがいいかもしれません。

紙に書いてやれば思ったよりも簡単にできそうな気がしてきた♡
配当が3倍のゲームが良いのは勝ったときに消す数字の数が違うからなんだね!
でもコツコツとはいっても連敗が続いてしまった場合にはかなりの長期戦になって、1セットがいつ終わるのか途方に暮れちゃいそう・・・
でもやってみないと分からないから一回挑戦してみよ♡

本物志向ならパイザ!

5/5

入出金即時対応・引き出し上限無しの圧倒的ハイクラスサービス! 初心者から上級者まで、カジノ好きにピッタリなカジノです。

遊びやすさNO.1!

5/5

入出金方法の豊富さ・スマホでもプレイ可能など、初心者に優しい入門編オンラインカジノ。日本市場では現在No.1シェア!!

ゲーム以外も楽しさ満点!

4/5

新感覚のRPG型オンラインカジノ。ゲームを遊びながら、次々に出てくるボスを倒すことでフリースピンなどの特典あり!

/*左箭頭對話框CSS*/ /*右箭頭對話框CSS*/